自動音場補正オーディオプロセッサー -Anti-Mode 2.0 Dual Core-



【音場補正の実例】
Anti-Mode 2.0 Dual Coreを使った音場補正をご紹介

Anti-Mode 2.0 Dual Coreの入出力は、アナログ(バランス/アンバランス)、デジタル(SPDIF/USB)が用意されており、デジタル機器の間に接続することも、アナログとデジタル機器の間に接続して、ADコンバーターやDAコンバーターとしても使用することができ、あらゆるシステム環境に導入することができます。
※メーカーサイトの接続例参照: How to connect Anti-Mode 2.0 to my system?

ここでは、Anti-Mode 2.0 Dual Coreを使用した、音場補正方法を簡単に解説いたします。


〜基本的な操作手順〜
1.本体をシステムに設置する。
2.付属のマイクロフォンを本体に接続する。
3.マイクロフォンをリスニング位置に設置する。
4.Typical(標準)モードでキャリブレーションを開始する。
完了!

基本的には以上で音場補正は完了し、すぐに補正後の音楽を聴くことができます。
大変簡単です。
※キャリブレーションにかかる時間は約8分弱。


右の画像は本体にある、大変視認性の高いディスプレイです。
キャリブレーションを実行すると、その結果が赤と黒の二つのグラフで表示されます。

グラフ右側の縦線はリミット周波数で、それ以下の周波数が補正されており、それ以上の周波数は補正されません。
Typicalモードでのリミット周波数は自動的に最適な周波数が設定されます。

この様なグラフであれば、通常は他に何もする必要はありません。


〜より良い特性を得るために〜
Anti-Mode 2.0 Dual Coreには、より良い補正結果を得るためのツールがいくつか用意されています。
それらを使用し調整してみます。

まずTypicalモードにて、音響特性の良くない部屋でキャリブレーションを行いました。
スピーカーも低域の出ないものを使用しています。
その結果は以下の様になりました。


Typicalモードでの補正結果
赤:補正前 / 黒:補正後

補正後の音は、70〜110Hz付近の特性が整ったことで、低域のモワつきが無くなり、しっかりしたセンターならびに左右の定位が得られるようになります。

50Hz以下はある程度持ち上がっていますが、これは研究結果から音質を損なうことの無い程度の補正がなされています。 いきなり無理やり特性をフラットにしてしまうことはしません。
65Hz付近の大きな落ち込みも同様です。

次に、リミット周波数の150Hzに向かって70Hzから右肩下がり気味になっていますので、この部分をできるだけフラットにしたいと思います。
そこで、より補正の設定が自由に行えるAdvancedモードでキャリブレーションを行ってみます。

Advancedモードでは、リミット周波数を80〜500Hzの間で自由に設定することができます。
リミット周波数をTypicalモード時の150Hzよりも少し上げ、180Hzに設定しキャリブレーションを行った結果が下のグラフになります。
100〜150Hzの特性が少し改善されました。


Advancedモードでリミット周波数を180Hzにした補正結果
赤:補正前 / 黒:補正後

このように、リミット周波数を工夫することで、より良い補正を行うことができます。

さらに、より良い音にするためのもう1ステップを行ってみましょう。

補正結果では、リミット周波数の180Hzの前後で約6dBの段差があります。
ここも出来るだけフラットに補正したいと思います。
ここで注意することは、グラフに捕らわれすぎないことです。
必ず試聴しながら、適正な調整をしましょう。
この調整が必ずしも必要とは限りません。

Anti-Mode 2.0 Dual Coreには、リミット周波数以下の補正後の帯域特性をリフトアップする機能があります。
その機能を使用して、分かりやすくちょっと多めに5dB上げた結果が下のグラフです。
赤グラフが5dB上げる前、黒グラフが5dB上げた後です。


補正帯域を5dB持ち上げた補正結果
赤:5dB補正前 / 黒:+5dB後

この様に全体がかなりフラットに整いました。
音は低域がかなりパワフルに、しかし暴れることなく整います。
実際には3dBも上げれば十分だったと思います。

さらにさらに、Anti-Mode 2.0 Dual CoreにはEQツールが用意されていますので、細かな特性の補正や音作りを行うことが可能です。
音場を整える目的のみに使用するも好し、お好みの音作りに使用することも好し、です。


EQ調整画面
16箇所のEQ調整が可能

部屋によって特性は様々です。
よって補正結果も様々になります。
上記の基本的な使用方法を参考に、最適な音場補正を見つけてみてください。


>製品ページTOPへ戻る


>ページトップへ戻る



Anti-Mode 2.0 Dual Core マイクロフォン
付属マイクロフォン



試聴室におけるTypicalモードでの補正結果
赤:補正前 / 黒:補正後