システム情報 -バーチャルリアリティ立体音響システム -


聴覚研究用のシステムとして
VR映像システムの立体音響オプションとして
多目的に音のバーチャルリアリティを実現する
3D Virtual Audio Realityシステム

複数台のスピーカーで囲んだ空間やヘッドフォン内に、立体音場を生成する3Dオーディオシステムです。
バーチャル・オーディオ・リアリティの頭文字を取り、「VAR」としました。

複数の音像を前後左右上下遠近に定位および移動。 A-formatマイクによりフィールド録音された没入感ある3D環境音をミックス。
リアルな立体音場をVRシステムの立体視と統合させるなど、様々な目的に適応する柔軟性を持った立体音響システムです。


〜特長〜
■同時に複数の音像を前後左右上下遠近に定位および移動
(オブジェクトベースでの3Dパンニング)
■A-formatマイクで録音された没入感ある3D環境音をミックス
(アンビソニックMIX&デコード)
■4台から数十台のスピーカーを用途に応じてシステム設計
■立体映像システムからの実時間制御で統合型VRシステムを構築
■ヘッドフォンによる立体音場生成にも対応


〜システム構成〜
■立体音響制御ソフトウェア
(3Dパンニング,アンビソニックMIx&デコード,バイノーラルプロセッシング,他)
■通信プログラム
■コンピューター(Windows PC)
■RME社製オーディオインターフェース
■Ferrofish社製AD/DAコンバーター
■マスタークロックジェネレーター
■スピーカー再生システム
■ヘッドフォン再生システム
■Soundfield社製A-formatマイクシステム
※用途によりシステム構成は変わります。


〜カスタマイズ〜
本システムは、システム構成からソフトウェアプログラムまで、用途に応じてカスタマイズし納入します。
マルチchスピーカー再生による立体音場生成が必要なのか、ヘッドフォンによるバイノーラルプロセッシングが必要なのか、音響システム以外のシステムとの連動に応じた通信プログラムの開発、などです。
また、システムの設置方法ならびに音響調整に関しましても高品位な立体音場生成には欠かせないプロセスですので弊社にて行います

さらにVRサウンドコンテンツに付きましても弊社で制作を請け負うことが出来ます。


〜あらゆるVR用途に〜
■各種環境シミュレーション
■聴覚研究システム
■3Dサウンドプレゼンテーション
■3Dシアター
■3Dアトラクション
など

-事例-
■トヨタ自動車 : ドライビングシミュレーター
ドライバーに対し、走行スピードにあった走行音や対向車の動きにあった対向車音をリアルタイムにシミュレーションし、車内に取り付けた4台のスピーカーで臨場感ある立体音場を生成。

■神奈川工科大学 : 歩行ナビゲーションシステム
視覚障がい者に対し、音で歩行をサポートするナビゲーションシステムの研究。



>ページトップへ戻る




Virtual Audio Reality


バーチャルリアリティ立体音響システム 価格

※仕様によりますのでお問い合わせください